ストーリー

  • 第1章

    水族館の話

  • 第2章

    写真館の話

  • 第3章

    とある商店街と豪華客船の話

  • 第4章

    科学館と桃子の話

  • 第5章

    蒸気機関車の話

  • 第6章

    樹木医の話

  • 第7章

    バレエ教室の話

  • エピローグ

    鯨送りのランタン祭

第5章 蒸気機関車の話

科学館の中庭に(蒸気機関車)が保存展示されている。整備と解説を担当するのは、かつてこの機関車に乗務していた(吉井)。ある日、科学館の改築計画が突然決定。
それに伴って[機関車は廃棄処分される]ことを知らされた吉井は、下見に訪れた業者の男と揉み合いになり、仲裁に入った他の職員に怪我を負わせてしまう。責任を感じて職を辞した吉井は、深夜の科学館に忍び込んで[機関車]に乗り込みヤケ酒を呑むのだが……。

story5

to top