スタッフ

【監督・脚本】坪川 拓史(つぼかわ たくし)

tsubokawa

 1972年、北海道室蘭市の日鋼記念病院生まれ、長万部町に育つ。
 2011年、家族とともに東京から室蘭へ移住。
 現在、室蘭の美しさに惹かれてこのまちに暮らしている市民の一人。
 登別の「日本工学院北海道専門学校」で講師を務めながら、各地での上映会や講演会、新聞への連載や地元ラジオ局で番組を担当する等、地域に根ざした活動をしています。アコーディオン奏者の一面も。

 第一作目の『美式天然』でトリノ国際映画祭にてグランプリと最優秀観客賞をW受賞するという日本人初の快挙を成し遂げ、2007年には長編第2作目『アリア』が完成。世界20ヶ所を超す国際映画祭に招かれ、フランスKINOTAYO映画祭において「Grand Prix du Public(最優秀観客賞)」を受賞。カザフスタンのユーラシア国際映画祭では、中央アジア映画連盟より最優秀作品に選出される。新作が期待されるアジアの若手監督の一人として、今後を期待されている映画監督です。

 最新作2013年完成の『ハーメルン』は、福島にて震災をはさみ5年の歳月を経ながら地元の人たちの協力を得て完成した話題作。撮影が行われた福島県昭和村では、ロケ地を巡るツアーが開催されたり、劇中の設定「イチョウ祭り」が実際に行われる等、「ハーメルン」効果は確実に大きなものとなっています。

★その他スタッフは、順次更新です!★

    • 個人で協賛いただける方へ
    • 法人で協賛いただける方へ
    • facebook

to top