室蘭・測量山ライトアップに想いを馳せて

皆さん、こんにちは。応援団のサイトウです。


映画「モルエラニの霧の中」。
この映画を作ろうとした時、そこには無くてはならないある人の温かい“想い”がありました。


室蘭映画製作応援団 副団長で、前・室蘭観光協会 会長の平 武彦さん。
彼は今年の夏に泉下の客となりました。

室蘭映画製作応援団 副団長の吉田さんは言います。
「彼の応援、力強い後押しがなければ、この映画はここまでやって来られなかった」と…。

坪川監督の気持ちも一緒です。
「間に合わなくてごめんなさい」といつも心に思っていることでしょう。


実は今日、その平さんのお名前を思いがけない場所から聴くことができました。
「~街を『おと』で伝える~ FMびゅー」
そう、84.2MHzでおなじみ、西いぶり地域のコミュニティFM局からでした。

それは応援団員が車を運転中の出来ごとでした。
車のラジオから“測量山ライトアップメッセージ”として、思いがけない励ましの言葉が…。

「“モルエラニの霧の中” 坪川監督、そして室蘭映画製作応援団の皆様のご活躍とご健勝を祈念して」



発信者は室蘭・輪西「ぷらっと。てついち」内の「靴のタイラ」さん。
そう、故・平 武彦さんのお店です。

それを聞いた応援団員は胸が熱くなり、涙が溢れてきたそうです。

室蘭ルネッサンスの理事長でもあった平さん。
“測量山ライトアップメッセージ(※1)”という企画で、街だけではなく私たちの心にまで灯をともしてくれました。


平さん。
あなたの想いは私たちが引き継ぎました。
きっと、きっとこの映画を完成させます。
西いぶりの栄養となるようにがんばります!

そう秋の夜にキラキラとライトアップされた測量山に向かって誓うのでした。



※1 測量山のライトアップについてはこちらをご覧ください。
  http://www.city.muroran.lg.jp/main/org6400/kanko_sokuryo.html
※2 写真はアマチュアカメラマンとしてご活躍中の関浩勝さんにお借りしました。


お問い合わせ
 室蘭映画製作応援団事務局
 電 話:0143-50-6200
 E-mail:info@moruerani.com


to top