【レポート】3月1日に室蘭で、3月7日に東京で監督講演会を開催しました!

3月1日は、みぞれ降るあいにくの天気の中、製鉄記念室蘭病院にて行われました。 悪天候にも関わらず、会場には150人以上の方が集まってくださり、予備の椅子を出す大盛況となりました。
 
今回会場として使用させて頂いた「がん診療センター」は完成間もない建物で、従来の病院のイメージとは違った柔らかい雰囲気の素敵な会場でした。 できる限り多く室蘭の建築家さんを使って「室蘭」に拘った建物だそうです。音も映像もまるで映画館のように美しく、このような場所で多くの方にお集り頂けた様子に、監督もスタッフも感慨深いものがありました。

その翌週3月7日には、東京で初となる講演会。会場は月島機械株式会社さまの本社ビル「アメニティホール」。天候は室蘭に続いてすっきりしない中でしたが、会場には60名もの方々にお集まり頂きました。完成してから日が浅い新しくモダンな本社ビルのホールをお借りして、遠くからずっと応援して頂いていた東京の皆様に監督の話を聞いて頂くことができました。

tokyo
会場を提供頂いた月島機械さまは、環境やエネルギー技術に力を入れられている機械メーカーさんで、個人が直接目にすることはなくても、水道の水を作ったり、下水をきれいにして川に戻すといった、実は身近で大活躍している社会インフラを製造・提供されています。 現在の社長さんがなんと室蘭出身の方で「室蘭ふるさと大使」に任命されています。会社としても室蘭工大と産学連携の包括協定を締結して室蘭と深い繋がりがあるそうです。そういうご縁もあって、今回素敵な会場を提供して頂きました。

今回行われた室蘭と東京の講演会では、昨年秋に室蘭市青少年科学館を中心に撮影された2話をダイジェスト版で皆様にお届けすることができました。 見慣れている風景が、スクリーンの中で映像となった様子に、ハンカチで目をおさえる方も。そんな光景を見てスタッフも感動が止まりませんでした。

今ようやく皆様にひとつの成果をお見せすることができた『モルエラニの霧の中』。 ご支援をくださっている皆様、会場にお集まり下さった皆様、そしてこれをお読み頂いている皆様、会場を提供して頂いた企業様へ、改めてお礼申し上げます。 残念ながらご都合が合わなかった方々から、次回はいつかと嬉しいお問い合わせも頂いています。 室蘭も、東京も、まだ予定が決まっていませんが、是非とも企画したいと考えておりますので応援をよろしくお願い致します。
また、東京会場では、東京応援団の立ち上げが発表されました!
近くから、遠くから、更なる応援を、よろしくお願い致します。

※室蘭出身・元「メロン記念日」大谷雅恵さんも東京公演会に駆けつけてくれました!
大谷雅恵オフィシャルブログ「人生いつでも成長期」で当日の模様が紹介されています。



to top